警察が男6人を逮捕。レスターで爆発5人死亡、原因は放火

■ 英中部レスターで2月25日夜に発生し5人の死者を出した爆発で、地元警察は3月5日までに男6人を逮捕。爆発の原因は、放火であるという。BBCが伝えた。

爆発が発生したのは、レスターのヒンクリー・ロードにあるポーランド系食料品店が入居する3階建ての建物。爆発によって建物が平たく押しつぶされる「パンケーキ崩壊(pancake collapse)」が起き、上階に住んでいた女性(46)と、その息子2人(それぞれ18、17)、息子の恋人(18)および、食料品店の店員(22)が死亡したとみられている。

爆発に関連して地元警察は3月5日までに30、40代の男6人を逮捕。そのうち同食料品店オーナーのアラム・カード(33)と、ホウカー・ハサン(32)、アーカン・アリ(37)が過失致死および放火の罪で起訴された。

爆発の原因は当初、密造アルコールが原因ではないかと憶測されていたが、食料品店内にまかれたガソリンとされる。

by 週刊ジャーニー(JapanJournals Ltd, London)