最新ガジェットに化粧品…通勤電車は高額商品を持つ人でイッパイ!驚きの総額とは?

最新のスマートフォンやラップトップ、タブレット等を携帯する乗客で満員の通勤電車は毎回100万ポンド相当を運んでいることになると「メトロ」紙が報道している。
ラッシュアワーでは一人あたり1,815ポンド相当のものを所持しており、ロンドン行きの電車の場合、平均515人が乗っているため約100万ポンド相当を運んでいる計算になるとされている。
最も高額なのは電子機器で、一人当たり平均632ポンド相当。化粧品や香水などが327ポンド相当、服や、財布の中身などを合わせると856ポンド相当になるのだという。
ロンドン中心部を走る地下鉄、セントラル、メトロポリタン、ヴィクトリアの各ラインでは、合計金額はさらに多く、通勤電車1本あたりで140万ポンド相当になるという。
地方ではエリアによってかなりの差が見られ、シェフィールドでは24,万4,003ポンド、マンチェスターでは23万9,479ポンドだったが、ニューカッスルからグラスゴーへ向かう電車では16万7,661ポンドにとどまった。
調査を行った、保険会社「タワーゲート・インシュランス」の担当者は「普段携帯している持ち物の価値を考えて、きちんと保険に入るべき」とのべている。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【ごくウマ3選】クリスマスのおもてなし料理 ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む