仕事を掛け持ち…副業を持たないとやっていけない看護師たちの実情

4人に1人にあたる23%の看護師は、本業からの収入では生活していくことが難しいとして、仕事を掛け持ちしていることが分かった。「デイリー・メール」紙が報道している。
時給が正規のポストより高い、派遣看護師として別の病院で働くケースが多いが、レストランやスーパーマーケット、バーなどで働いている人もいるという。
「ロイヤルカレッジ・オブ・ナース」が7720人を対象に行った調査で、2パーセントの人は過去にフードバンクをはじめとする、慈善団体の支援に頼った経験を持つことも判明。
NHSへの予算が削られる中、看護師に十分な給与が支払われず、技術や経験のある貴重な看護師を失っている状況にあるという。イングランドだけで4万人の看護師不足に陥っているが、こうなるのも当然だと「ロイヤルカレッジ・オブ・ナース」のチーフ・エグゼクティブ、ジャネット・デービス氏は政府の対応を強く批判している。
調査によると40%の看護師は友達や家族、また銀行から金を借りていると回答、高利貸しから借金している看護師は6%もいるという。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【ごくウマ3選】クリスマスのおもてなし料理 ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む