世界的なココナツ不足、深刻化!価格高騰

世界的なココナツ不足により、ココナツそのもの、そしてココナツ製品の価格が高騰する見込みであると「デイリー・テレグラフ」紙が伝えている。
経済研究を行う「Organization for Economic Co-operation and Development」の最新の報告によると生産性の低下から不足が深刻化。ヤシの木の高齢化や、害虫や病気が理由といわれ、「ブルームバーグ」のデータによると1トンあたり1500ポンドにまで高騰したという。
英国の消費者にも影響及ぼしており、大手スーパー・チェーン、アズダではオンラインでのココナツは売り切れ状態。また、ウェイトローズ、セインズベリーズ、テスコといた、他の大手スーパ・チェーンでも一個当たりのココナツの価格は年間平均より約15から30%高い値が付けられているという。
市場調査企業「Kantar Worldpanel」によると、過去3年で英国でのココナツウォーターの市場は390万ポンドから約3300万ポンド規模まで一気に拡大するなど、ココナツ人気はうなぎのぼり。それだけに、英国の多くのココナツ・ファンからは嘆きの声が聞かれている。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)