大量に出回りそう!? 偽エクストラ・バージン・オリーブ・オイルにご注意!

イタリアやスペインでは、オリーブの収穫高が激減したため、「フェイク(偽)」のエクストラ・バージン・オリーブ・オイルが大量に出回る可能性が指摘されている。「デイリー・テレグラフ」紙が報じている。
原料不足とポンド安を受けて、オリーブ・オイルの価格が40%も高騰。しかし、英国の小売業界ではその値上がり分を支払うことを拒否しているとされ、しわ寄せは生産者が受けざるを得ない状態とされている。
この結果、質の低いオリーブ・オイルが出回るようになっており、特にエクストラ・バージン・オリーブ・オイルは「フェイク」の商品が後を絶たないという。
ある調査では、131商品のうち、品質で不合格となったのは43商品もあったと報道されている。実際に、劣悪な品質のオリーブ・オイルを使って、高い価格で販売する悪質な業者が横行しており、利益率はコカインの3倍ともいわれている。
おいしくない…と感じたら、そのオリーブ・オイルは「フェイク」なのかもしれないが、誰も交換してはくれない。値上げされていたとしても、信頼のおけるブランドの商品を購入したほうが良さそうだ。

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【征くシリーズ】ウォレス・コレクションを征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む