「子供3人かそれ以上」が英国でブームに!?

先日、キャサリン妃が第3子を懐妊中であることが分かり、喜びの声が各方面から聞かれている英国で、ここのところ、「子沢山」となることが静かなブームとなっている。「デイリー・テレグラフ」紙が伝えた。
子供が3人以上いる家庭は、昨年118万世帯となり、120万世帯を数えた2003年以来の多さ。このうち、子供がちょうど3人という家庭は2015年には88万3000世帯で2010年の88万4000世帯に追いつきそうな勢いであるとされる。
母親が英国人以外である場合のほうが、より多くの子供を出産する傾向があり、平均で2.08人。これに対して、英国人の母親が出産するのは平均で1.76人であることも分かった。
子供の養育費・教育費の高さに悲鳴をあげる家庭も少なくない中、3人以上の子供を持つことは裕福な家庭の「ステータス・シンボル」ともなっていると指摘されている。

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【征くシリーズ】ウォレス・コレクションを征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む