あの大手コーヒー・チェーン、閉店間際のタイムサービス実施へ

英国でも多くの支店を抱える、大手コーヒー・チェーン、スターバックスが、閉店1時間前を目安に、ケーキやサンドイッチなどを半額で販売するタイムサービスを実施する意向であることを「デイリー・テレグラフ」紙が伝えた。
英国に800店舗を展開するスターバックスでは、約350の店舗でタイムサービスを始める予定。マフィン、ケーキ、サンドイッチなど、賞味期限が短い商品について半額で販売し、その売上げは全額、飢餓に取り組む慈善団体「Action Against Hunger」に寄付する意向という。
スターバックスでは、売れ残れば廃棄処分になる商品を活用すると説明しており、マンチェスターの16店舗で行われた試験的導入では、11週間のあいだに1500ポンドが集まったとしている。
どの店舗でタイムサービスが行われるか、まだ詳細は発表されていないが、いいアイディアかも!

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【最新号】ロンドンから車で1時間半! ヘンリー・ムーア彫刻庭園を征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む