サウスケンジントンの一角に建つ、ジョージアン様式のタウンハウスを改装した「ケンジントン・ホテル」。エマ・ワトソン主演の実写版映画「美女と野獣」(2017年公開)をテーマにしたアフタヌーンティーを2年にわたって提供し、映画の世界観を見事に再現したメニューで大きな話題となった。そのホテルが、今春からスタートさせた次なる新メニューが、ロンドン・ランドマークス・アフタヌーンティーだ。

ビッグベンはレモンカードのタルト、ガーキンはホワイト&ダークチョコレートのガナッシュ、電話ボックスはルバーブのムース、シャードはキャロットケーキ。

ロンドン・アイをかたどった3段の特製ティースタンドに、サンドイッチやスコーンが飾られて登場。さらにビッグベン、ガーキン、赤い電話ボックス、シャードといった4つの新旧「ロンドン名物」がスイーツになって並ぶ。ドールハウスが人気の英国だけあって、そのミニチュアぶりは精巧だ。とくに現在改修工事中で、2021年まで鐘の音を聴くことはもちろん、姿を見ることもできないビッグベンを、紅茶とともに「味わえる」のが嬉しい。

写真左:シャンパンはペリエ・ジュエ。
同右:前菜もミニサイズで可愛い! (写真右上から時計まわりに)ステーキ&ロンドン・エールパイ、スティルトン・チーズとブロッコリのキッシュ、ケイパー入りのクラブケーキ。

ティータイムを堪能した後は、25ヵ所の名所が可愛いイラストで描かれた、お土産用の「観光マップ」を片手に、のんびりロンドン散策を楽しんでみては?

アフタヌーンティーを楽しめるのは、ホテルの最奥にある居心地の良い「ホワイトルーム」。

美味しさ

 

紅茶の種類

 

サービス

 

The Kensington Hotel

109-113 Queen's Gate, London SW7 5LP
TEL: 020 7589 6300
https://townhousekensington.com

Afternoon Tea

12:00~16:00、要予約
・London Landmarks Afternoon Tea...£42
・with a glass of Champagne...£54.50

週刊ジャーニー No.1094(2019年7月11日)掲載