7代目ジェームズ・ボンド、大予想!?

6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグが、2019年公開の次回作『Bond 25』を最後にボンド役を降板すると宣言して以来、英国で常に話題となっているのが次期ジェームズ・ボンドは誰かということ。英国人が大好きなベッティング(賭け)ももちろん行われているようで、候補者とその倍率を大衆紙『Sun』が紹介していました。オッズ(倍率)を見れば、英国人のボンド像と人気度がなんとなく見えてきそう!? 日本では馴染みの薄い俳優も挙がっているので、今回は注目のジェームズ・ボンド候補をご紹介します。

会話イメージちなみに、日本のオッズ(JRA方式)と、こちらのオッズの表記はちょっと異なります。日本では買ったお金が配当(儲け)を含めて、何倍で払い戻されるのかを表記します(例:1.8倍など)。英国では、「4/5」、「4:5」のように表示され、「いくら賭けたら(右の数字)、いくら儲けが出るのか(左の数字)」で表します。「4/5」の場合、「5」購入して、「4」の儲け。日本式でいうと、買ったお金「5」+儲け「4」=払い戻し「9」となり、5→9つまり1.8倍ということになります。

ただ、オッズは生き物なので、その倍率は日々変化するもの。こちらに記した倍率も明日は変わっているかも。参考程度にお楽しみ下さい。さて、それでは、旬の英国の俳優9名をオッズを含めご紹介します。

① ジェームズ・ノートン
James Norton

1985年7月18日(32歳)
オッズ:4/1(5倍)

ジェームズ・ノートンイメージ ウィスキーとジャズをこよなく愛する若き牧師探偵が活躍するITVのTVシリーズ『Granchester』 (邦題:グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース)の型破りな牧師や、BBCのドラマ『McMafia』でロシアマフィアから家族を守るため、裏社会に足を踏み入れていく、アレックス・ゴッドマン役で知られています。2017年のダイアン・キートン主演の英映画『Hampstead』(邦題:ロンドン、人生はじめます)にも出演していました。周囲の声をよそに、本人は「自分には賭けないで欲しい。やる気はないので」とのこと。垂れ目の優しいボンドになりそう…。


② トム・ハーディ
Tom Hardy

1977年9月15日(40歳)
オッズ:3/1(4倍)

悪役を演じた『The Dark Knight Rises』(邦題:ダークナイト ライジング)、陰のある主人公マックスを演じた『Mad Max: Fury Road』(邦題:マッドマックス 怒りのデス・ロード)などの映画のほか、2004年には舞台『In Arabia, We'd All Be Kings』でローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされた演技派。最近、ロンドン・リッチモンドでバイクに乗った引ったくり犯を捕まえたことがあるそうで、実生活で早くもボンドのような活躍をしたのだとか。


③ ジャック・ヒューストン
Jack Huston

1982年12月7日(35歳)
オッズ:4/1(5倍)

2016年の米映画『Ben-Hur』(邦題:ベン・ハー)で主役を務め、世界的知名度が高まったジャック。母親はチャムレー侯爵家出身、父方の祖父は米俳優で映画監督としても知られるジョン・ヒューストン、叔母は女優のアンジェリカ・ヒューストン、叔父も俳優のダニー・ヒューストンという華麗な一族の出身です。
ジェームズ・ボンドが醸し出す気品が、すでに備わっている俳優と言えそう!?


④ エイダン・ターナー
Aidan Turner

1983年6月19日(34歳)
オッズ:7/1(8倍)

エイダン・ターナーイメージ 2009年のBBCテレビドラマ『Desperate Romantics』で、19世紀の画家、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ役を演じ頭角を表し、最近は、BBCの歴史ドラ『Ross Poldark』で知られています。映画『The Hobbit』(邦題:ホビット)シリーズで、ドワーフ族のキーリを演じていました。
出身はアイルランド。5代目ボンドのピアース・ブロスナンと同じですね。鋭いまなざしでセクシーさ10倍増のボンドになりそう。


⑤ トム・ヒドルストン
Tom Hiddleston

1981年2月9日(36歳)
オッズ:8/1(9倍)

トム・ヒドルストンイメージ 2016年の英米合作テレビシリーズ『The Night Manager』(邦題:ナイト・マネジャー)のジョナサン・パイン役で、第74回ゴールデングローブ賞男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞。米国のスーパーヒーロー映画『Thor』(邦題:マイティ・ソー)シリーズのロキ役も記憶に新しいトム。過去には、私生活で米人気歌手テイラー・スウィフトとの交際でも世間を賑わせていました。クールながらもお茶目なボンドが見られそう!


⑥ イドリス・エルバ
Idris Elba

1972年9月6日(45歳)
オッズ:7/1(8倍)

イドリス・エルバイメージ ネルソン・マンデラを演じた『Mandela: Long Walk to Freedom』(邦題:マンデラ 自由への長い道)でゴールデン・グローブ賞主演男優賞にノミネート、BBCのサイコ・サスペンス・ミステリー『Luther』(邦題:刑事ジョン・ルーサー)では、ゴールデン・グローブ賞とプライムタイム・エミー賞の作品賞にノミネートされた、ロンドン東部出身のイドリス。
スティーブン・スピルバーグ監督は、「イドリスによる初のアフリカ系英国人のボンドに期待する」とコメントしています。本人は、「自分は年を取りすぎている」と周囲の声を受け流し、「珍しいボンドがいいのなら、初の女性ボンドもいいんじゃない?」と突飛なコメント。女性ボンド採用については、関係者が完全否定していますが、歴代6人のボンドの公式写真を撮影してきた英フォトグラファーのテリー・オニール氏も女性ボンド案に同意しているのだそう。


⑦ マイケル・ファスベンダー
Michael Fassbender

1977年4月2日 (40歳)
オッズ:12/1(13倍)

マイケル・ファスベンダーイメージ 父がドイツ人、母が北アイルランド出身で、英独アイルランドの3国籍を所持。ドイツ語はペラペラなのだというマイケル。
映画『12 Years a Slave』(邦題:それでも夜は明ける)で、2013年のアカデミー賞助演男優賞、英国アカデミー賞助演男優賞、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネート。2015年の映画『Steve Jobs』(邦題:スティーブ・ジョブス)でジョブス役を演じました。2016年のヴェネツィア映画祭のコンペで金獅子賞候補となった『光をくれた人』で夫婦役を演じたアリシア・ヴィキャンデルと昨年結婚。公私共に充実感のある俳優さんです。


⑧ ヘンリー・カヴィル
Henry Cavill

1983年5月5日(34歳)
オッズ:20/1(21倍)

ヘンリー・カヴィルイメージ 2005年に行われた前回のボンド役のオーディションで最終審査まで残ったものの、「若すぎる」という理由から、ダニエル・クレイグに座を明け渡したという経緯があるヘンリー・カヴィル。2008年には、ダンヒルのフレグランスのイメージモデルを務めるなど、その端正な顔立ちは、在りし日のクリストファー・リーヴ演じる、クラーク・ケントに酷似。2013年公開のスーパーマン映画『マン・オブ・スティール』にクラーク・ケント役で出演したときは納得でした。


⑨ ジェイミー・ベル
Jamie Bell

1986年3月14日(31歳)
オッズ:20/1(21倍)

ジェイミー・ベルイメージ 何と言っても、2000年公開の『Billy Eliotte(邦題:リトル・ダンサー)』のバレエダンサーを目指す主人公が印象的なジェイミー・ベル。英国アカデミー賞・主演男優賞や、英国インディペンデント映画賞新人俳優賞を11歳で受賞しています。その後、SF映画『ジャンパー』や、スーパーヒーローものの『ファンタスティック・フォー』などに出演。今回のオッズでは最年少。若いボンドが誕生するかも。


さて、いかがでしたか。ボンド役に前向きな人、笑い飛ばした人、ありえないと言った人、さまざま。ここで紹介した人以外という結果もありえます。あなたは誰の「ボンド」が見たいですか?(編集部 テンテン)

※情報は2018年2月1日現在。