著名人たちゆかりの地

著名人たちゆかりの地

ダーウィン、ナイチンゲール、チャップリン、ジョン・レノンら、著名人たちが暮らした家や墓、歴史的な事件が起きた場所などを紹介します。

VOL.
41

アレクサンダー・フレミング
20a Danvers Street, London SW3 5AT

世界初の抗生物質「ペニシリン」の発見者として知られる細菌学者、アレクサンダー・フレミング。フレミングは1881年、スコットランドにある裕福な農家の息子として誕生。大学進学を機にロンドンへ移り住み、医学を学んだ。セント・メアリーズ病院の医学校を卒業した後、同病院に勤務。やがて第一次世界大戦が始まると、戦場病院で負傷兵の治療にあたり、彼らの間で蔓延した感染症を治療する薬剤の探索に情熱を傾けた。 上の写真は、1929~55年までの約26年間、フレミングが家族と暮らしていた家。セント・メアリーズ病院の研究室でペニシリンを発見した翌年に引っ越してきた。フレミングは1955年3月11日、心臓発作を起こし、この家で亡くなった。73歳だった。

動画で見る、ペニシリン発見の物語はこちら

週刊ジャーニー No.1061(2018年11月15日)掲載