Days LONDON 写真が語る「変わったロンドン、変わらぬロンドン」

Days LONDON

約100年前に撮影されたロンドンの街並みと、現在の風景を写真で比較。
ディケンズや夏目漱石が見た景色が、どうのように変化したのか(あるいは当時のまま変化していないのか)を紹介します。

Vol55

The George Inn1920

Whitehall - 1914 -

2017

バラ・マーケットの近くに建つ、観光名所としても知られる老舗パブ「ジョージ・イン」。店名はイングランドの守護聖人、聖ジョージに由来。馬車(コーチ)が交通の要だった16世紀に、コーチ・イン(馬車宿)として建造された。
当初は2階と3階にコの字型にバルコニーが設けられ、宿泊客はそこから中庭で上演される旅まわりの一座の演劇を楽しんでいた。しかし、1676年の火災により建物が焼失。翌年再建されたが、1874年に南棟と東棟が取り壊され、鉄道会社の倉庫に変わった。現在残っているのは北棟で、何度か修復は行われているものの、その大部分が再建当時のままである。写真を見比べると、約100年前からバルコニー部分はすでにゆがんでいたことが見てとれる。現在、同パブはナショナル・トラストが維持・管理している。
Supported by London Metropolitan Archives
ロンドン・メトロポリタン・アーカイブズは、シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション(自治体)が管理・運営する、歴史資料センターです。ロンドンに関する貴重な史料やデジタル画像のほか、イベント情報などを無料で検索・閲覧することができます。
公式ウェブサイト: www.cityoflondon.gov.uk/lma
画像検索サイト : http://collage.cityoflondon.gov.uk