英王室ファミリーのクリスマス…女王のもとで案外楽しい?

英女王エリザベス2世は、いくつか別邸を持っており、休暇中は、季節によってどこで過ごすかがほぼ決まっている。クリスマスは、イングランド東部、ノーフォークにあるサンドリンガム邸で過ごすのが恒例。主な王室メンバーもここに集まり、クリスマスを過ごすことになるのだが、窮屈で退屈なのでは…と思っている一般人は少なくないことだろう。しかし、案外そうではないらしい。「デイリー・メール」紙が伝えた。
エリザベス女王の孫で、母親はアン王女であるザラ・フィリップスさん(35)は、「様々な世代(の王室メンバー)がサンドリンガムに揃うのは、クリスマスの中でも私が楽しみにしていること」と話す。
「愛する家族、親類が集まり、ごちそうを食べたり、いろいろなゲームに興じたりして過ごす―本当に楽しみ」と少なくとも、ザラさんは心待ちにしている様子。
夫のマイク・ティンダルさん(38)とのあいだの愛娘、ミアちゃんが生まれてから、さらにクリスマスは特別な行事になったという。
「1月で3歳になるミアも、いとこたちに会える良い機会。そろそろクリスマスについて、きちんと理解し始める年齢ではないかしら」とコメントしている。
実際にどのように王室メンバーがクリスマスを過ごすのか、ちょこっとのぞいてみたい!?