8/29 アンドリュー王子、元妻セーラ・ファーガソンと復縁?

エリザベス女王の次男、ヨーク公アンドリュー王子(53)=写真右=に、再婚説が浮上しているという。しかも、噂のお相手は、ベアトリス王女とユージニー王女の母親で、同王子とは1996年に離婚したセーラ・ファーガソンさん(53)=同左=とあって、各メディアが大々的に書き立てている(写真は「デイリー・テレグラフ」紙より。離婚の前年、1995年当時のもの)。
チャールズ皇太子の弟であるアンドリュー王子といえば、移動費にお金を使いすぎるとして批判されるなど、派手好きなイメージがつきまとう。離婚後も、美女との噂が絶えず、プレイボーイと言われても仕方がないだろう。
かたや、同王子と1986年に結婚したセーラさんは、何かと世間を騒がせ、王室メンバーの中でも『問題児』的存在だった。離婚直前に、「ファイナンシャル・アドバイザー」とされる男性が、プールサイドでセーラさんの足の指を口に入れてもてあそんでいる写真が流出し、大問題に発展したこともある。また、離婚後も複数の金銭スキャンダルが報じられ、王室メンバーとしての資質なし、と断じられても自業自得。ウィリアム王子の結婚式にも招待されなかったという。
しかし、ベアトリス王女とユージニー王女を育てるにあたっては、アンドリュー王子と常に協力。今も両王女とは仲が良いことで知られる。
このセーラさん、ウィンザーにあるロイヤル・ロッジでアンドリュー王子と同居を続けていることで、様々な憶測を呼んでいたが、今月に入り、夏の休暇をスコットランドで楽しむのを恒例としているエリザベス女王から、正式にバルモラル城に招待されたことから、「再婚説」に注目が集まるようになったという。
もともと、エリザベス女王は、セーラさんを気に入っていたとされるだけに、もしかするともしかする…? ただし、セーラさん自身は強く否定していると報じられている。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)

その他の記事