ウィリアム王子とキャサリン妃のもとで働きたい? 条件は…口が堅いこと!

ケンブリッジ公ことウィリアム王子(38)とキャサリン妃(38)夫妻が人材を募集している。条件のひとつに、思慮深い、口が堅い、慎み深いなどといった意味がある「discreet」という言葉が用いられており、話題になっている。「デイリー・ミラー」紙が伝えた。

求人広告を出しているのは、ケンブリッジ公一家のロンドンの住居であるケンジントン宮殿だが、勤務地はバッキンガム宮殿、ウィンザー城、あるいはそれ以外の王室所有の邸宅など。パスポートは常に更新しておくことが求められており、国外で職務を行う可能性があるという。

ポジションは「ハウスキーパー」。直訳すれば「家政婦」だが、家具や調度品などをベストの状態に保つほか、催事や行事にあたってはその支援も行うなど、仕事は多岐にわたる模様。経験が不足している場合は13ヵ月の研修を経て、正式採用となる。

宮殿内に居室が用意されるケースもあるが、そうでなくても3度の食事と交通費が確約され年俸は19,140ポンド。新しいことにも前向きに取り組むことができ、自分で考えて動け、かつチームワークも大切にしつつ、なにより思慮深い(内情を暴露したりしない、ということか)人物であることが必須条件とされている。

応募締め切りは11月7日(土)。コロナ禍で失業者が激増している昨今、この職を得るのはかなりの狭き門となりそうだ。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)