エリザベス女王、久々の公務…マスクを着用しないで大丈夫??

3月末のロックダウン以降、公務を控えていたエリザベス女王(94)。15日、イングランドのソールズベリーにほど近いポート・ダウンにある国立研究所「the Defence Science and Technology Laboratory」を、孫のウィリアム王子(38)と視察に訪れた。ウィンザー城敷地外での公務はなんと7か月ぶり。久々のおでましとなった訳だが、マスクの着用なしに公務を遂行たことを「イヴニング・スタンダード」紙ほかが伝えた。

新型コロナウイルスの研究のほか、2018年の暗殺未遂事件および殺人事件で問題になった毒物「ノヴィチョク」に対応するなど、国家レベルの案件に取り組む同研究所を訪れたエリザベス女王は落ち着いたトーンのピンク色のコートにお揃いの色の帽子。同女王もウィリアム王子もマスクは着用していなかった。

この訪問にさきだち、「接触」予定の48人の関係者は全員コロナ検査を受け、陰性と確認されていたことが報じられているが、それでも時節柄、エリザベス女王らがマスクを着用しなかったことに批判的な声も聞かれているという。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)