ウィリアム王子一家の「隣人」になりたい人には、大きなチャンス到来!?

誰しも著名人が近隣に住んでいると自慢したくなるものだが、ご近所さんが王室メンバーというとうらやましがられる確率がさらに高くなることは間違いない。ウィリアム王子一家が現在滞在している邸宅、アンマー・ホールのあるイングランド東部、ノーフォーク県サンドリンガム・エステート内の村の2物件が貸しに出されているという。大衆紙「サン」が伝えた。

エリザベス女王所有のサンドリンガム・ハウス周辺には、サンドリンガム・エステートに属する13の村が点在。今回、賃貸市場に出されているのも、29世帯、人口わずか 63人という小さな村の一角。航空写真で見れば、ウィリアム王子一家の住居から、まさに目と鼻の先といえる場所であることが分かるという。

家賃は月あたりで、2寝室の物件が725ポンド、3寝室・庭付きの物件が875ポンドと、ロンドンなどでは考えられない、良心的な料金。ただし別宅として借りることは不可で、できれば地元か、近郊で仕事に就いている人が実際に住むのが望ましいとされている。

ウィリアム王子一家のご近所さんになれるというだけでなく、自然に囲まれ、恵まれた環境にあることは確かなので、この際、転居を検討してみる!?

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)