ダイアナ元妃愛用の黒のドレス、再びオークションへ!

©Kelly Taylor Auctions

■故ダイアナ妃が1985年、米ホワイトハウスで俳優ジョン・トラボルタと一緒にダンスを披露した時に着ていたドレスがオークションに出品され、いくらで落札されるか注目されている。「デイリー・メール」紙(電子版)が伝えた。

 チャールズ皇太子とダイアナ妃は当時、レーガン米大統領夫妻が主催する晩餐会に招待され、ダイアナ妃はヴィクター・エデルスタイン氏がデザインした濃紺ベルベットのイブニングドレスで出席。大ヒット映画「サタデーナイト・フィーバー」で主演したジョン・トラボルタと、同作の曲に合わせて華麗に踊る彼女の姿は、世界中で報道された。
このドレスはダイアナ妃のお気に入りだったようで、翌1986年のオーストリア訪問、1991年のロイヤルオペラハウスでの公演鑑賞など、少なくとも4回は身に着けていることが分かっている。

イギリス最大の日本語情報サイト \Online Journey/
事故死の2ヵ月前の1997年6月、ダイアナ妃はエイズ患者を支援するチャリティ団体へ寄付するため、このドレスをオークションに出品。米フロリダに拠点を置く女性実業家が、10万ポンドで落札した。その後、幾度となく所有者が変わり、2013年に英国人が24万ポンドで購入したのが、最後の記録となっていた。
注目のオークションは、ロンドンの服飾専門「ケリー・テイラー・オークションズ」にて、12月9日に行われる予定。落札予想額は35万ポンド。12月6日、8日にヴューイングデーが設けられている。

入札希望の方はこちらからどうぞ↓
https://kerrytaylorauctions.com/#sthash.rJuiSnKO.U9GNoEwu.dpbs

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)