セレブリティ、バッキンガム宮殿での『罪』を告白!

© Ibsan73

■ エリザベス女王が暮らすバッキンガム宮殿。著名人の間でも招待されたり、訪問したりする機会は少なく、その日が訪れたら思わずいけないことをしてしまう人もいるのだそう。セレブらの不作法をBBCが伝えた。

トップバッターは、11月からネットフリックスで新シリーズが始まる「ザ・クラウン」で、エリザベス女王を演じている女優オリビア・コールマン=写真。ドラマ宣伝のためのインタビューに応えて認めた内容は、チャリティ・イベントで宮殿を訪れた際、彼女の夫がトイレット・ペーパーを盗んだというもの。コールマンがどれくらい『犯行』に加担しているかは明かされていない。宮殿側はコメントを拒否しているとされる。
コールマンと同様の罪を犯したのは、テレビ司会者のピアーズ・モーガン。モーガンは音楽プロデューサーのサイモン・コーウェル宅でも犯行に及んだことがあるとされ、2つの盗難品は並んで飾られているという。
ちなみに関係者によれば、宮殿のトイレット・ペーパーは何の変哲もない白いものだという。
一方、ビートルズの4人は緊張のあまり宮殿のトイレで喫煙。さらに、チャールズ皇太子の友人で、コメディアンのスティーブン・フライは自伝「More Fool Me」の中で、宮殿内でコカインを使用した事実を告白していることも伝えられた。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)