ハリー王子とメガン妃反省? パブで1人15ポンドのサンデーロースト

■ハリー王子とメガン妃がバンクホリデーにアスコット近郊のパブに現れ、一人15ポンドのサンデーローストを楽しんでいる様子が目撃された。「サン」紙(電子版)が報じた。

ハリー王子とメガン妃が一粒種のアーチー君を伴って現れたのはアスコット競馬場近くの村、ウェイクフィールドにある「バラと王冠(Rose & Crown)」という名のフツーのパブダイニング。ダイニング奥のテーブルに親子3人とSPらしき男性の4人で座ったという。ロイヤルファミリーの存在に気づいた人は少なかったが、気づいた客の一人は「ハリー王子はビールを2パイント飲んでいたね。メガン妃は飲んでいなかったと思う。メガン妃はずっとゆりかごを揺すっていたよ。2時間くらい滞在したけどその間、赤ちゃんが泣くことは一度もなかった」と語った。

優等生の兄夫婦と比較され、何かとメディアからバッシングを受けやすいハリー王子夫妻だが、「ようやく地についた(down to earth)」って話題になっているんだから、庶民と一緒に15ポンドのサンデーロースト、食べてみるもんだね。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)