ウィリアム王子とハリー王子、スター・ウォーズ最新作で『出演』した場面が削除されていた!?

英国で昨年12月に封切られた、スター・ウォーズのシリーズ最新作、『Star Wars: The Last Jedi(邦題:スター・ウォーズ/最後のジェダイ)』。9部作とされる、『スター・ウォーズ』シリーズの実写映画本編、第8作で、映画館に足を運んだ読者も多いことだろう。
同作の中で、実は、ウィリアム王子とハリー王子が『出演』することになっていたが、そのシーンは編集でカットされたとする関係者のコメントが報じられ、話題となっている。
「デイリー・テレグラフ」紙によると、2人の王子は、2016年4月に、同作の撮影が進められていた、英パインウッド撮影所を見学。主人公らが属する反乱軍の敵方であるストームトルーパー(白いヘルメットとヨロイのような防御服でお馴染の機動歩兵)の衣装を着て、登場するシーンが撮影されたという。
しかし、ウィリアム王子は身長約188センチで、ハリー王子は約185センチ。ストームトルーパーを演じる役者やエキストラたちは、見た目を揃えるために、身長180センチと厳しく規定されており、両王子ともに、他のストームトルーパーよりも背が高いことで目立ってしまったとされている。
ただ、別の説では、出演シーンが削られたのは、両王子があまりに演技力がなかったためとも言われている。
少なくとも、ハリー王子は、もっと早くにメガンさんに出会って演技指導をしてもらえばよかった!?

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)