こんにちは。週刊ジャーニー編集部です。
ローマ人が愛したウィツタブルの牡蠣とは“ネイティブ”と呼ばれるヒラガキのこと。乱獲と病気のため激減し希少種となってしまいましたが、ウィツタブルに行ったらぜひ、このネイティブオイスターをお試しください。もちろん宮城ルーツのロックオイスターも美味しいですが、特に海水の温度が下がった時のネイティブは身がキシッと締まって特においしゅうございます。
ちなみに牡蠣は日本でも古くから食べられていましたが、中国同様、必ず加熱して食べていました。今に繋がる生ガキを食べる習慣は明治時代、日本にやって来た欧米人がもたらしました。面白いですね。魚介類の生食を欧米人に教わるなんて。でも、事実です。
ウィツタブルにはシーフードで有名なレストランがいくつかありますが正直、生牡蠣以外の料理は少々やぼったく、その上ちょっと割高な気がします。色々な種類の生牡蠣だけたっぷり食べる、というやり方も“アリ”だと思います。

美味しい生ガキが食べられる代表的なお店はこちら

Wheelers Oyster Bar

ウィツタブル一の老舗。小さいお店なのでいつも込み合っているので予約した方が賢明。Bar とは言えアルコールの提供はありません。お酒は持ち込み可(向かいに酒店あり)。
※カード類は使えません。現金、もしくは小切手のみ。このお店を紹介するブログやガイドブックが多いせいかウィーラーズを目指す観光客が多い気がしますが、正直、そんなに美味しいと思えないし何よりロンドンの、それなりのお店並みのお値段って...。
しかもカード駄目って...。まあ、あそこで食べたでーと自慢したい方はどうぞ。 http://www.wheelersoysterbar.com/

The Whitstable Oyster Company

田舎の食堂のような雰囲気のお店です。二階席からの見晴らしが人気のレストラン。個人的にはウィーラーズよりこっちの方が落ち着きます。
http://whitstableoystercompany.com/

The Lobster Shack

ビール工場と一緒の敷地にあるので分かりづらいですが、ここが一番レストランぽい雰囲気。目の前に海が広がります。ゆったりと食べるならお勧め。ロブスター押しのお店。ただしここでは食べていないので味の評価はできません。
https://www.thelobstershack.co.uk/

Crab & Winkle Restaurant

South Quay, The Harbour, Whitstable CT5 1AB
Tel: 01227 779377
ウィツタブルハーバーの真ん中にあるお店で一階が魚介類の店舗、二階がレストランになっています。店内はモダン。サクッと食べるには最適かもしれません。