バンクシーのDismaland 改め Dismal aid!

写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

バンクシーのDismaland 改め Dismal aid!

 

9月末で閉園したバンクシーのテーマパーク「ディズマランド」。先週の日曜日(11月15日)、イースト・ロンドンのブリックレーン・マーケットを歩いていると、同団体が“売れ残り”のディズマランド特製Tシャツを販売しているのを発見ました。

配られていたチラシのロゴをよく見てみると、ディズマランドDismalandがディズマレイドDismal aidに変わり、お城の上にはパラシュートが飛んでいます。

ディズマランド(ディズマレイド)では、解体後の資材をフランス・カレーの難民キャンプに運び、シェルターを築くなどの活動を展開中。カレーには現在6000人以上が電気、公衆衛生の整っていない環境で暮らしており、この“売れ残り”Tシャツの収益も、より良い生活を求める人々をサポートする目的で使われるとのこと。「この運動に同意しない人は、買わないでね」との皮肉を込めたメッセージも書かれていました。

スタッフの方によると「次は、来週末(29日)にも出店予定」とのこと。大人用Tシャツ20ポンド、子供用10ポンド、現金のみ。編集部 とら兎