英作家ジョージ・オーウェルが通ったパブ、なんと復活!

写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

英作家ジョージ・オーウェルが通ったパブ、なんと復活!

ロンドン中心部で伝統的なパイが食べられるパブとして、日本のガイドブックなどでも紹介されていた「Newman Arms」。今年の年始、ウェブサイトに「GOOD-PIE」と記して閉店、残念に思っていた数ヵ月後、新オーナーとともに再びパブとして歩み始めました。

英作家のジョージ・オーウェルが通ったことでも知られる同パブ。パブがまたパブとして蘇る、英国の魅力のひとつです。2階のレストランでは、コーンウォールから毎日(!)直送される野菜、肉、魚を使った料理を楽しむことができます。編集部N

 

 

Newman Arms
23 Rathbone St, London W1T 1NG
newmanarmspub.com
(旧店舗のウェブサイト:www.newmanarms.co.uk )