廃線跡にできたダルストンのコミュニティ・ガーデン

写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

廃線跡にできたダルストンのコミュニティ・ガーデン 

  

廃墟を改修し、その地に新たな命を吹き込む文化は、英国の魅力のひとつ。ロンドン東部のダルストン・ジャンクション駅前の「Dalston Eastern Curve Garden」は、1944年まで同駅につながっていたイースタン・カーブ鉄道の廃線跡地を再利用してできたコミュニティ・スペースです。

場所は、ダルストン・ジャンクション駅から徒歩2分ほど(写真上の左手にある大きなサインが目印です。写真には写っていませんが、この右には大きなグラフィティ壁画があります)。


2010年のオープン以来、周辺住民に管理されながら、誰でも気軽に利用できるガーデンとして親しまれています。久々にいい天気に恵まれた今日も、ビールを片手に語らいあう人、読書にふける人、ワークショップに参加する人、ガーデンを手入れする人などでにぎわっていました。


ガーデン内のカフェでは、コーヒー、アルコール類を提供。ケーキ、ピザなども有。


コミュニティ・ガーデンらしいデコレーション(?)も見られます。天気のいい日に家族で、あるいは友人と出かけてゆったり過ごすのにおすすめです。編集部とら兎

Dalston Eastern Curve Garden
13 Dalston Lane, E8 3DF
http://dalstongarden.org