ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

一般公開中のバッキンガム宮殿でティータイム

現在、夏の一般公開が行われているバッキンガム宮殿。エリザベス女王がスコットランドで休暇を過ごす、毎年7月下旬~9月下旬の約2ヵ月間のみ、宮殿内のステートルームなどを見学することができます(チケットは事前購入のみ)。

バッキンガム宮殿といえば、王室メンバーが手を振るバルコニーが設置された「東棟(East wing)」を思い浮かべる人が多いと思いますが、反対側の「西棟(West wing)」はこのようになっています。

西棟のテラスには「ガーデン・カフェ」が設営されていて、ゴージャスなステートルームを見た余韻に浸りながら、のんびりとティータイムを楽しめます。カフェはペパーミント・カラーと白で統一されていて、爽やかな雰囲気。宮殿の出口付近のテラスにあり、白いとんがり帽子のテントが目印です。午前中に宮殿内を見学し、お昼頃にカフェへ向かうようにすれば、テーブルを確保しやすいでしょう。

カップのデザインも可愛い!人気のイチゴケーキ(写真左)の上には、王冠が描かれたチョコレートがのっています。たっぷりのクロテッド・クリームに、イチゴとジャムを挟んだフルーツ・スコーン(同右)もおすすめです。

最後に、宮殿前で警備をしていた警察官を撮影。笑顔を向けてくれました。今気がつきましたが、2人の帽子が異なりますね。なぜ違うのでしょう? 役職でしょうか? 尋ねればよかったなぁ…(編集部 K)

Buckingham Palace