ピーターラビットで知られる湖水地方、いまベストシーズン!

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ピーターラビットで知られる湖水地方、いまベストシーズン!

 

ロンドン・ユーストン駅から、電車で約3時間15分。「ピーターラビット」の物語の舞台として知られる、英国でもっとも美しいカントリーサイド、湖水地方(Lake District)のウィンダミア駅に到着します。「1日で四季のすべてを味わえる」と言われるほど、天候の変化が激しい湖水地方ですが、ベストシーズンの今、湖と山と緑が織りなす景観は息をのむほど素晴らしいです。

 

 

 

ウィンダミアに着いたら、駅前に建つウィンダミア・ホテルの横からのびるフットパスを登り、Orrest Head を目指しましょう。20分ほどで、ウィンダミア湖と周囲の山並みが一望できるビューポイントにたどり着きます。

 

 

 

この時期は、ウィンダミア駅前からのローカルバスも頻繁に運行しているので、ボウネス、ケンダル、グラスミア、アンブルサイドなどへの交通の便は心配いりません。詩人ワーズワースが育ち、美術評論家ジョン・ラスキンが晩年を過ごし、「ピーターラビット」の作者ベアトリクス・ポターが愛した湖水地方、のんびりと夏の休暇を過ごすのに最適の地です。

編集部 K