エリザベス女王が愛した ゲーリック・ステーキ

30分£ 8.20

バッキンガム宮殿で11年間ロイヤルシェフを務めたダレン・マグラディ氏が紹介するエリザベス女王が最も愛したステーキのレシピです。女王は毎日でもいいくらいにこのステーキを好まれたのだとか。焼き方はいつも「ウェルダン」でした。ゲーリック(gaelic)はケルト風、という意味です。

1人前

  • ステーキ肉(フィレ)…160g
  • じゃがいも…300g
  • 玉ねぎ(中)…1/2個
  • マッシュルーム…4個
  • ベビーキャロット…2本
  • バター(有塩)…50g
  • ダブルクリーム…150ml
  • 塩こしょう…適量
  • ウイスキー(アイリッシュ)…50ml
  • ビーフストック…200ml
  • ウォータークレス(飾り用)…適量

作り方

1

マッシュポテトを作る。じゃがいもが茹で上がったらバター20g、ダブルクリーム50ml、塩ひとつまみを加えて潰して滑らかに。にんじんも一緒に茹でる。

2

女王がお好きなのは鹿肉かビーフテンダーロイン。しっかり裏表に塩こしょうをしたらフライパンにバター10gをひいて中火でお肉を4~5分焼く。

3

お肉をお皿に取り出したら同じフライパンにバター10gを足し、みじん切りにした玉ねぎとマッシュルームのスライスを入れて焼く。

4

玉ねぎとマッシュルームに火が入ったらダブルクリーム100mlとビーフストック、バター10gを加えて強火で沸騰させる。

5

ウイスキーを加えてアルコールを飛ばす。5分ほど中火で煮詰めてソースを減らしたら塩こしょうで味を調える。

6

3で取り出しておいたお肉を戻し、一緒に3分ほどソースをかけながら中火で加熱する。

7

お皿にマッシュポテトを敷き、その上にお肉を乗せマッシュルームソースをかけ、ニンジンとウォータークレス(今回はルッコラ)を添えれば出来上がり。

あなたのひとりメシ大募集!

あなたがいつも食べている、簡単に作れて美味しくて低予算!そんな素敵な“ひとりメシ”を教えてください。紙面でご紹介させていただいた方にはささやかな謝礼を差し上げます。詳しくはひとりメシ応募フォームでご覧ください。

週刊ジャーニー No.1258(2022年9月22日)掲載