イベント情報 旬ナビ

今週注目の『旬なモノ』をご紹介!
11月17日(金)~11月23日(木)

■料金・日程・時間等は予告なく変更される場合があります。料金につきましては 掲載分以外に子供料金等の割引料金が設定されている場合も あります。各該当機関にお問い合わせください。
学生料金 割引あり

cinema | special | gallery | 伝統行事 | event | exhibition | performance |
日本関連 | 季節の行事| theatre

cinema


(米・2017年・121分・PG13) 監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック、ガル・ギャドット、エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャーほか

 

オンリーワンのヒーロー達が集結し世界を救う

Justice League

ジャスティス・リーグ(邦題)

バットマンやワンダーウーマンなど、DCコミックのスーパーヒーロー達が集結したアクション超大作。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で自らの命を落としてまで地球の危機を救ったスーパーマン亡き後の世界を描く。スーパーマンの死亡に世界中が悲しみに暮れる中、宇宙からの強大な侵略者が地球に迫っていた。いち早く危機を察したバットマンは、「1人の正義では世界を救えない」と悟り、ワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグ、フラッシュという、個性の強い仲間とともに、地球崩壊の危機に立ち向かう。各地で上映予定


(米・2017年・134分・15) 監督:ディー・リース 出演:ギャレット・ヘドランド、ジェイソン・ミッチェル、キャリー・マリガンほか

 

Mudbound

マッドバウンド 哀しき友情(邦題)

第二次世界大戦後にミシシッピ州の田舎町に帰還した白人兵士と黒人兵士の友情を描いた壮大なドラマ。白人のジェイミーは戦争のトラウマと農業作業へのジレンマに悩まされ、一方で黒人のロンセルはこの土地にまん延する人種差別に直面する。そんな彼らが人種差別と戦ううちに、2人の間に友情が芽生え、互いの心の傷が癒されてゆく。各地で上映予定


(米・2017年・98分・15) 監督:マット・スパイサー 出演:オーブリー・プラザ、エリザベス・オルセンほか

 

Ingrid Goes West

イングリッド・ゴーズ・ウェスト

ネット・ストーカーを題材にしたブラック・コメディ。友人の結婚パーティーの様子をSNSで注視し、自分が呼ばれなかった怒りからパーティーをぶち壊して『仕返し』をしたイングリッドは精神病院に入院するはめに。次に彼女が目をつけたのは、ロス在住のインスタグラマー、タイラー。タイラーに近づくため、イングリッドはペンシルバニアからロスに引越すのだが…。各地で上映予定


(米・2017年・100分・PG13) 監督:ショーン・アンダース 出演:マーク・ウォールバーグ、ウィル・フェレル、メル・ギブソンほか

 

Daddy’s Home 2

ダディーズ・ホーム2

破天荒な実父と真面目な継父が子供達の支持を得るために奮闘するコメディ『パパ vs 新しいパパ』の続編。子供達と最高のクリスマスを過ごすため、チームを組んだ実父のダスティと継父のブラッド。それぞれの父で子供達の祖父を招待するが、息子達同様に対照的な2人の祖父登場で、新たな騒動が巻き起こる。各地で上映予定

exhibition


photo credit: Tony Antoniou

 

Harry Potter at the British Library

ハリー・ポッター・アット・ザ・ブリティッシュ・ライブラリー

英作家J・K・ローリングがハリーポッターシリーズ、第1作『賢者の石』を出版してから20年。「魔法」に焦点を当てたユニークなエキシビションが開催中。初公開となる、ローリングの手書きの原稿をはじめ、シリーズを通してイラストを担当したジム・ケイの原画、大英図書館所蔵の魔術に関する書籍、マジックに使う道具、世界中から集めた神話にまつわるものなど、貴重な品々が公開される。

2018年2月28日(水)まで
The British Library
96 Euston Road, NW1 2DB
tubeKing's Cross / Euston
月、木、金:午前10時~午後6時
火:午後4時~午後8時
水:午後1時~午後6時
日:午前11時~午後5時
チケット: £16
www.bl.uk

event

残念ながら今週はナシ!

musical

残念ながら今週はナシ!

performance

残念ながら今週はナシ!

日本関連

 

Hyper Japan Christmas Market

ハイパー・ジャパン・クリスマス・マーケット

年に2回、ロンドンから日本を発信するイベント。カナダ出身の落語家、桂三輝(かつら・さんしゃいん)氏の寄席をはじめ、カレーライスをキャラ弁のように盛り付ける「デコ・カレー」ワークショップ、塩・醤油・味噌・豚骨の中から自分好みのラーメンを見つける「Ramen Experience」など盛りだくさんの内容が予定されている。もちろん、プロのバーテンダーらがカクテルの味を競う「Sake Cocktail Awards」やコスプレなど、恒例のイベントも健在。お出かけを。

11月24日(金)~26日(日)
Tobacco Dock, Wapping Lane, E1W 2SF
dlr 2Shadwell TEL: 0844-453-9048
金:昼12時~午後8時 土:午前9時~午後9時
日:午前9時~午後6時
チケット: £15~(別途入場料が必要な催しもあり)
www.dickwhittingtonpalladium.com

special




 

Pantomimes

パントマイムス

毎年クリスマス前後に行われる恒例のパントマイム。「パントマイム」と言えば、無言で演じられるイメージを持つ人も多いだろうが、英国のこの時期のパントマイムは、歌やダンス、派手な衣装など、楽しめる要素満載。今年は英国の民話から『ディック・ウィッティントン』や『ピーター・パン』などの演目がロンドン各地の会場で予定されている。笑う門には福来る! 笑顔で新年を迎えよう!

●Dick Whittington
 12月9日(土)~
 2018年1月14日(日)
 London Palladium,
 Argyll Street,
 W1F 7TF
 tube Oxford Circus 
 TEL: 020-7087-7747
  午後7時30分、午後2時30分 (マチネの日程はウェブサイトにて)チケット: £22.50~
●Peter Pan
 12月29日(金)、30日(土)
 Wembley Arena, HA9 0AA
 tube Wembley Park
●Jack and the Beanstalk
 11月18日(土)~2018年1月6日(土)
 Lyric Hammersmith, W6 0QL
 tube Hammersmith
●The Snowman (写真)
 11月23日(木)~12月31日(日)
 Peacock Theatre, WC2A 2HT
 tube Holborn
www.dickwhittingtonpalladium.com

theatre

残念ながら今週はナシ!


Peder Balke
The Tempest, about 1862
Presented by Danny and Gry Katz, 2010
© The National Gallery, London

 

Monochrome: Painting in Black and White

モノクローム:ペインティング・イン・ブラック・アンド・ホワイト

主に灰色や茶色で描かれた絵画で、写真のセピア調にあたるモノクロ―ム作品に焦点をあてた企画展。レンブラントやピカソなど、中世から現在までの画家が、ベラム(皮紙)やセラミック、シルクに描いた作品50点を展示。灰色の濃淡や明暗によって描かれた作品群を通し、その歴史と魅力に迫る。

2018年2月18日(日)まで
National Gallery
Trafalgar Square, WC2N 5DN
tubeCharing Cross
TEL: 0800-912-6958
月~日:午前10時~午後6時
金:午前10時~午後9時
チケット: £14~
www.nationalgallery.org.uk

festival

残念ながら今週はナシ!

季節の行事


Palm House, photo Jeff Eden © RBG Kew

 

Christmas at Kew

クリスマス・アット・キュー

季節ごとにさまざまな顔で来園者を魅了するキュー王立植物園が、今年もまた、クリスマス仕様で夜間に開園する。広大な敷地を埋めつくす無数の木々や、歴史的にも有名な建物が、赤や緑などの色にライトアップされた中、夜の散策が楽しめる。散策の途中、木々の間から歌声や音楽が聞こえたり、サンタと小人たちによるパフォーマンスを見たり、ワクワクのサプライズ満載。お楽しみに。

11月22日(水)~2018年1月1日(月)
Kew Gardens, Kew, Richmond, TW9 3AE
tubeKew Gardens TEL: 0844-995-9675
午後5時~午後10時 チケット: £16~
www.kew.org

伝統行事

残念ながら今週はナシ!

当「旬ナビ」ページに紙面の都合で掲載できなかったイベント、締め切りに間に合わなかった情報等は 「なんでも掲示板、パンドーラ(www.pandorajourney.co.uk)」の告知欄に随時掲載しています。
ヴィクトリア(邦題) 

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【征くシリーズ】ウォレス・コレクションを征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む