イベント情報 旬ナビ

今週注目の『旬なモノ』をご紹介!
1月19日(金)~1月25日(木)

■料金・日程・時間等は予告なく変更される場合があります。料金につきましては 掲載分以外に子供料金等の割引料金が設定されている場合も あります。各該当機関にお問い合わせください。
学生料金 割引あり 最寄駅

cinema


(米・2017年・115分・PG13) 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:メリル・ストリープ、トム・ハンクス、サラ・ポールソン、ボブ・オデンカークほか

 

スピルバーグ監督のもと2大オスカー俳優が初共演

The Post

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(邦題)

巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が、実在した米国人ジャーナリストを描いた社会派ドラマ。1971年、ベトナム戦争が泥沼化していた米国。メリル・ストリープ演じるワシントン・ポストのトップで米主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハムと、トム・ハンクス演じる同紙編集主幹のベン・ブラッドリーは、国防総省がベトナム戦争について調査・分析した機密文書を入手する。戦争の真実を伝えるために報道の自由を掛けて公開するか、政府からの圧力に屈するのか…。編集者らの信念を前に、経営者であるキャサリンは究極の決断を迫られる。各地で上映予定


(米・2017年・105分・PG) 監督:リー・アンクリッチ 声の出演:アンソニー・ゴンサレス、ガエル・ガルシア・ベルナルほか

 

Coco

リメンバー・ミー(邦題)

本作でゴールデン・グローブ賞アニメ映画賞受賞、「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督による、メキシコの『死者の日』を題材にした作品。過去の出来事が原因で家族に音楽を禁止されているギター少年のミゲルは、伝説のミュージシャンの霊廟にあったギターを手にしたことで、陽気でカラフルな『死者の国』へと迷い込む。各地で上映予定


(米英・2018年・104分・PG13) 監督:ジャウム・コレット=セラ 出演:リーアム・ニーソン、ベラ・ファーミガほか

 

The Commuter

ザ・コミューター

最近「アクション映画からはそろそろ引退する」と語ったリーアム・ニーソン主演のアクション・ドラマ。平凡なセールスマンのマイケルは、いつもの通勤電車に乗っていると、見知らぬ女性から「車内にいる謎の乗客の素性を暴いて欲しい」と持ちかけられたことで、ある陰謀に巻き込まれる。各地で上映予定


(米ノルウェー・2017年・135分・15) 監督:アレクサンダー・ペイン 出演:マット・デイモン、クリストフ・ワルツほか

 

Downsizing

ダウンサイズ(邦題)

人口問題を抱える未来社会を舞台に、社会風刺を交えて描くコメディ・ドラマ。人口増加による環境問題の解決策として、人類を13センチに縮小させる技術が開発された。米ネブラスカ州でストレスに満ちた生活を送る平凡な男ポールと妻は、財産が増えて豊かな生活が送れるというダウンサイジング計画に参加することを決めるが…。各地で上映予定

日本関連

Oh Lucy!
Atsuko Hirayanagi, 2017

 

Gukoroku
Kei Ishikawa, 2016

 

 

Japan Foundation Touring Film Programme

ジャパン・ファンデーション・ツーリング・フィルム・プログラム

ロンドンを皮切りに、バーミンガムやエディンバラなど、英国18都市で開催される恒例の日本映画の上映会。今年は、日本を代表する映画監督のひとり、川島雄三監督の『貸間あり』や、平柳敦子監督、寺島しのぶ主演の『Oh Lucy!(オー・ルーシー!)』=写真左=など、真実の自分を隠して生きる人々に焦点をあて、「嘘と秘密」をテーマに新旧の16作品が上映される。また、石川慶監督、妻夫木聡主演の『愚行録』=同右=で脚本を手がけた向井康介氏によるQ&Aも予定されている。各映画の上映やトークの日時等の詳細はウェブサイトでご確認を。
2月2日(金)~3月28日(水)
【ロンドンでの上映会】
2月2日(金)~11日(日)
ICA
The Mall, SW1Y 5AH
tubeCharing Cross
TEL: 020-7930-3647
www.jpf-film.org.uk
www.ica.art
チケット: £11

event


Rare champagne glasses c1900
© The Decorative Antiques & Textiles Fair

North African table of African origin C1920
© The Decorative Antiques & Textiles Fair

 

Decorative Antiques & Textiles Fair

デコラティブ・アンティーク・アンド・テキスタイル・フェア

バタシー・パークで年に3度開催される、18世紀~現在までのインテリアを幅広く集めたアンティーク・フェア。今回は「東洋」をテーマに、中国やチベット、ペルシャなどのアジア諸国から影響を受けた品々を展示。アンティーク・ファンのみならず、若者やデザイナーにも人気が高く、自分だけの特別な一品が見つかりそう。会場へは「スローン・スクエア・ホテル」前から無料シャトル・バスが運行される。
1月23日(火)~ 28日(日)
Battersea Evolution
Battersea Park, SW11 4NJ
tubeSloane Square brBattersea Park
TEL: 020-7616-9327
火:昼12時~午後8時
水、木:午前11時~午後8時
金、土:午前11時~午後7時
日:午前11時~午後6時
チケット: £10
www.decorativefair.com

 

 

The France Show

ザ・フランス・ショー

ワインや食事、ホリデーのアイディアからフランスでの家探しまで、フランスに関する情報ならおまかせ! 会場となるオリンピアでは、マーケットが軒を連ねるなか、料理のデモンストレーションやワイン・テイスティング講座などが行われる。また、フランス国内の不動産情報や、購入時のアドバイスなど、盛りだくさんの内容で来場者を楽しませる。
1月26日(金)~28日(日)
Olympia
Hammersmith Road, W14 8UX
tubeKensington Olympia
TEL: 01242-264777
金、土:午前10時~午後5時
日:午前10時~午後4時
チケット: £12
www.thefranceshow.com

 

 

London A Cappella Festival

ロンドン・ア・カペッラ・フェスティバル

無伴奏で合唱や重唱を行うアカペラの祭典。洗練されたハーモニーでジャズを歌い上げる、男女混合ヴォーカル・グループ「New York Voices」をはじめ、女性グループの「Musae」、見事なビート・ボックスに定評のある「The Beatbox Collective」らによるコンサートが行われる。そのほか子ども達がアカペラを披露する「LACF Kids」のコーナーなどもあり。
1月24日(木)~27日(土)
King's Place
90 York Way, N1 9AG tubeKings Cross LSO St Luke's
161 Old Street, EC1V 9NG tubeOld Street
※各イベントで入場料が異なるので、詳細はウェブサイトでご確認を。
www.londonacappellafestival.com

theatre

 

Long Day's Journey Into Night

ロング・デイズ・ジャーニー・イントゥ・ナイト

ノーベル文学賞やピューリツァー賞などを受賞した米劇作家、ユージン・オニール作『夜への長い航路(邦題)』が上演される。結核の父親、モルヒネ中毒の母親、怠け者の長男、病弱な次男。1912年8月、コネチカットを舞台にタイロン家の一日をつづる。出演は、英俳優ジェレミー・アイアンズほか。
1月27日(土)~4月7日 (土)
Wyndham's Theatre
Charing Cross Road, WC2H 0DA
tubeLeicester Square
TEL:0844-482-5120
火~土:午後7時30分
土、日:午後2時
チケット: £12.50~
www.longdaystheplay.com

週刊ジャーニー No.1018(2018年1月18日)掲載

当「旬ナビ」ページに紙面の都合で掲載できなかったイベント、締め切りに間に合わなかった情報等は 「なんでも掲示板、パンドーラ(www.pandorajourney.co.uk)」の告知欄に随時掲載しています。