9/9 子供を金メダリストにするための奥の手は…3月23日に生むこと!?

現在、リオではパラリンピックが開催されており、熱戦が繰り広げられているが、そのような中、興味深い指摘がなされ、話題になっている。「デイリー・メール」紙が伝えた。
リオ五輪に出場し、自転車のトラック競技で6個目の金メダルを獲得したジェイソン・ケニー選手のほか、ボート競技のスティーヴ・レッドグレーヴ卿、陸上中距離で五輪連覇を果たしたモー・ファラー選手、自転車競技で金メダルをやはり6個獲得したクリス・ホイ卿など、誕生日が3月23日である、一流選手が数多くいることが判明。ちなみに、この4人だけで合計20個もの金メダルをオリンピックで勝ち取っている。
他にも、偉大な成績を残したスポーツ選手でこの日の生まれは少なくないという。世界で初めて1マイル4分を切る記録を打ち立てたロジャー・バニスター卿、世界チャンピオンのボクサー、ジョー・カルザゲさん、英国クリケット元キャプテンのマイク・アサートンさんなどもそうだ。
誕生日とスポーツの才能の関係は科学的には解明されていない。だが、西洋占星術では、3月23日生まれは「おひつじ座」に該当する。守護星は火星で、古代ギリシャでは戦いの神であり、負けず嫌いの特性を持っているとされる。
チャンピオンたちの勝負強さも、占星術なら証明できるかもしれない?
なお、3月23日生まれにするには、6月29日ごろに妊娠するのが目安とも説明されている。

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

征くシリーズ ビートルズ生誕の地 リヴァプールを征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む