献立に困ったらCook Buzz
献立に困ったらCook Buzz

3万人以上に投与…感染血液スキャンダルとは

■英国では1970年代から80年代にかけて、3万人以上の人々に汚染された血液製剤が投与され、その結果、輸血を受けた患者がHIVやC型肝炎に感染するスキャンダルがあった。公開調査はスキャンダルの規模を「恐ろしい」と表現。医師や政府、NHSが継続的に患者を裏切ってきたと非難。被害者たちは数十億ポンドの補償金を求めて運動を展開している。英各メディアが報じた。

※写真はイメージです。

NHS史上最大の医療事故として知られるこの事件の影響を受けたのは、主に2つのNHS患者グループ。

JFC
TK Trading
Centre People
ロンドン東京プロパティ
ジャパングリーンメディカル
Dr Ito Clinic
早稲田アカデミー
サカイ引越センター
JOBAロンドン校
Koyanagi
Immigration UK

第一の患者グループと見なされているのは「血友病患者(haemophiliacs)」で、血液がうまく固まらないという稀な遺伝的疾患を持つ患者たち。血友病Aの患者は、血液凝固第VIII因子と呼ばれる血液凝固因子が不足しており、血友病Bの患者は血液凝固第IX因子が不足している。1970年代、これらの血液凝固因子を代替するため、提供されたヒト血漿を用いた新しい治療法が開発された。

しかしヒト血漿全体が致命的なウイルスに汚染されていた。英国の出血性疾患の患者約1250人が感染治療を受けた後、HIVとC型肝炎の両方を発症。その後、約3分の2がエイズ関連の病気で死亡。意図せずパートナーをHIVに感染させた人もいた。さらに2400人から5000人が単独でC型肝炎を発症し、肝硬変や肝臓がんを引き起こした可能性がある。症状が現れるまでに数十年かかることもあり、C型肝炎に感染した人の正確な数を把握することは困難だ。

第2の患者グループは、1970年から91年の間に、出産、手術、その他の治療後に汚染された輸血を受けた人々。今回の調査では80人から100人がHIVに感染し、約2万7000人がC型肝炎に感染したと推定され、約2900人が死亡したと考えられている。By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)


JEMCA
Kyo Service
J Moriyama
ジャパンサービス
らいすワインショップ
Atelier Theory
奈美デンタルクリニック
Sakura Dental
Restaurant
Joke
Henry Q&A
Travel Guide
London Trend
Survivor
Great Britons
Afternoon Tea
ロンドンおすすめレストラン
面白すぎる英国ジョーク
なるほど英国Q&A
ロンドン近郊トラベルガイド
ロンドン最新トレンド
面白すぎる英国史
面白すぎる英国の偉人
ロンドンでアフタヌーンティー