献立に困ったらCook Buzz
献立に困ったらCook Buzz

1杯265ポンド! 沖縄産豆コーヒーはいかが?

■日本の「不老長寿の島」で採れた豆で淹れたコーヒーが1杯265ポンドで発売されて話題となっている。英各メディアが報じた。至高のコーヒーはロンドンのメイフェアとマリルボーンを拠点とするコーヒーショップ「ショット(Shot)」で味わうことができる。このコーヒーは日本の沖縄本島にある中山コーヒー園から出荷されたもので、アラビカ豆の中でも最高級と言われるティピカ豆を使用したものだという。この特別な豆は1キロあたり1480ポンド(約28万円)。送料は別だ。同店のバリスタは「週に2~3回は注文がある。真のコーヒー愛好家が最もよく買っていくね」と話している。

※写真はイメージです。

英国のバリスタチャンピオンでコロンナ・コーヒーの創業者マックスウェル・コロンナ=ダッシュウッド氏は「テレグラフ」紙に「日本では気候が厳しいためほとんどコーヒー豆は栽培されていない。ここで使用されているティピカ豆はアラビカ種の中でも最も人気のある品種とは言えない。こんな高価なアラビカ種は見たことがない。日本産という希少性が価値を押し上げているのだろう」と語った。

JFC
TK Trading
Centre People
ロンドン東京プロパティ
ジャパングリーンメディカル
Dr Ito Clinic
早稲田アカデミー
サカイ引越センター
JOBAロンドン校
Koyanagi
Immigration UK

中山コーヒー園のサイトによると沖縄県はコーヒーベルトの北限。沖縄のコーヒーノキの栽培は、100年ほど前にスタートした。中山コーヒー園も台風に悩まされながら開墾地を広げ、今シーズンは年間1トン強のコーヒーチェリー、約150キロの生豆が収穫できるようになったのだとか。「一杯265ポンド? 飲んでみたいけどネスカフェなら1000杯イケんじゃね?」と思った方、ビンボーくさいけど、共感しちゃう。By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)


JEMCA
Kyo Service
J Moriyama
ジャパンサービス
らいすワインショップ
Atelier Theory
奈美デンタルクリニック
Sakura Dental
Restaurant
Joke
Henry Q&A
Travel Guide
London Trend
Survivor
Great Britons
Afternoon Tea
ロンドンおすすめレストラン
面白すぎる英国ジョーク
なるほど英国Q&A
ロンドン近郊トラベルガイド
ロンドン最新トレンド
面白すぎる英国史
面白すぎる英国の偉人
ロンドンでアフタヌーンティー