【新型コロナ】外出制限令発動翌日…BBQパーティーで警察出動!

ボリス・ジョンソン英首相は23日夜にテレビ演説し、新型コロナウイルスの拡大阻止のためさらに一歩踏み込んだ罰則付きの外出制限令を発動したばかりだが、その翌日、早くもマンチェスターやロンドン、ニューカッスルなどの公園でBBQパーティーを開くなどをする人が現れ、警察が介入して解散させる事態が発生している。「デイリー・メール」が報じた。
ジョンソン首相は演説で同居人を除き3人以上が集まることを禁じた。しかし24日、イングランド中西部のコベントリーや北ロンドンのウエストハムステッドではバーベキューを楽しむグループの姿が目撃された。ジョンソン首相は違反者に対して最高1000ポンド(約14万円)の罰金が示唆されたが実際には30ポンド程度という噂もあり、あまり功を奏していない様子だ。
ジョンソン首相は先週金曜日(20日)にバーやパブ、レストランなど飲食店の閉鎖を決めたが、閉まる前に最後の一杯をと人々がパブに押し寄せ、また指示が曖昧だったため久々に晴れ上がった週末、公園や海岸に人々が押し寄せる結果を招いた。そのため週明け早々の月曜夜、より強い外出禁止令が発動されたわけだが、残念ながらこの段階に至っても深刻に受け止めていない人もいるようだ。英国の新型コロナウイルスによる死者は24日だけで87人増え、合計で422人となった。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)