男性が発明したに違いない?給油ノズルは性差別!

■ 「ガソリンスタンドで給油をするノズルは大きすぎて苦痛を伴う。手の小さい女性への性差別だ!」という驚きの声が、SNSに上がっている。「デイリー・メール」紙(電子版)が伝えた。

ロンドン在住の家庭教師、メラニー・モーガンさん(31)は「ガソリンスタンドの給油ノズルは、私の手には大きすぎてとても苦痛。ノズルは男性が男性のためにデザインしたものに違いないわ。これは性差別よ!」と自身のSNSで強く非難。「私の小さい手ではノズルをすごくきつく握らなければならなくて、それがすごく痛い。私よりも手が小さい人や力の弱い人もいるはず。そういう人にも思いを巡らせべき」と主張している。
現在、給油はパートナーにお願いしているというメラニーさん。次回車を買い替える際にはノズルを使用しないで済むよう、電気自動車の購入を検討しているという。
英国の缶切りも、男性が男性向けにデザインしたと思う。女性の手には大きすぎて使いづらい。これも性差別?

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)