ベアトリス王女、挙式日は5月29日に決定!TV放映もなく、超ジミ婚に

© ITU Pictures

英王室は7日、昨年婚約したエリザベス女王の孫で、アンドリュー王子の長女であるベアトリス王女(31)とエドアルド・マペッリ・モッツィ氏の結婚式を5月29日(金)に行うことを発表した。

式場はロンドンのセント・ジェームズ宮殿内にあるロイヤル・チャペル。その後、バッキンガム宮殿のガーデンで、女王主催でプライベートなレセプション・パーティー(披露宴)が催されるという。

妹のユージェニー王女が2018年10月に結婚した際は、収容人数800人というウィンザー城のセント・ジョージ・チャペルが会場となり、馬車に乗ってのお披露目パレードもあったほか、民放ITVによる中継を300万人が視聴したとされている。

イギリス最大の日本語情報サイト \Online Journey/

これに対して、セント・ジェームズ宮殿内のロイヤル・チャペルはわずか150人収容。テレビ放送等も行われない予定という。

父アンドリュー王子の 性的人身取引、児童買春の疑いによる公務引退が大きく影響しており、ベアトリス王女は控えめな式を望んでいると伝えられているが、ユージェニー王女の式とのあまりの違いに、同情の声も広く聞かれている。披露宴がエリザベス女王主催かつバッキンガム宮殿内で行われるのは、ベアトリス王女への気遣いからと報じられている。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)