Japan Journals Leaderboard
Japan Journals Leaderboard

ガトウィックのドローン事件、空港内部に協力者の疑い?

■昨年のクリスマス直前、英国第2の空港ガトウィックの滑走路上をドローンが無許可で飛行。3日間に渡って滑走路が閉鎖された事件。調査が進むにつれ、空港の内部事情に詳しい者の犯行である可能性が高まったという。BBCが報じた。

ドローンの違法フライトがあったのは昨年12月19~21日。滑走路がおよそ33時間に渡って閉鎖され、1000を超えるフライトがキャンセル。およそ1万4000人の乗客に影響を及ぼした。BBCの報道番組「パノラマ」に出演した同空港運行管理代表は「ドローンの操縦者は滑走路内で起こっていることだけでなく、空港内で何が起こっているかを明らかに把握していた。空港内にいた何者かが操縦者に情報を提供していたと思われる」と明言した。
サセックス警察も同番組に「信用できる筋の情報としてインサイダー(内部関係者)が関与していたと思われる」とコメントを寄せた。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)

その他の記事