リアリティ・デート番組の闇 …「ラブ・アイランド」のスターが自殺

■ ITV2のリアリティ・デート番組「Love Island」の第3シリーズ(2017年)に出演し、人気を博した元サッカー選手のマイク・タラシティスさん(26)が16日、エセックスにある自宅近くの林で遺体となって発見された。各英紙が報じた。

サッカーの地域リーグのストライカーだったタラシティスさんは、2017年以降、タレントとしてテレビのリアリティ・デート番組に出演。とくに初出演した「Love Island」で人気を博し、昨年はE4放送の「Celebs Go Dating」やITVBeの「The Only Way Is Essex」などにも登場していた。
リアリティ番組は台本や演出がなく、素人出演者たちの行動をカメラが追うドキュメンタリーかつドラマ風であるのが特徴。とはいえ、番組を盛り上げるために別の人物を演じている場合も多い。タラシティスさんは「Muggy Mike(暑苦しいマイク)」として知られていたが、実際は紳士的な男性で、本来の自分とは異なる人物像が一人歩きし、悩んでいたという。「放送後、テレビ局はサポートしてくれないし、助けてもくれない」と不満を述べていた。
タラシティスさんは自宅近くにある林の中で16日夜、首を吊って亡くなっているのが発見された。近々、エセックスでレストランをオープンする予定だったという。昨年末に親友が亡くなっており、また最近、一緒に暮らしていた祖母が死去したことから、発作的に自殺したと見られている。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)