女性の指の長さ…「性的指向」と関係か?

■ 左手の人差し指と薬指の長さが異なる女性は、同性愛者の可能性が高いという調査結果が発表された。BBC(電子版)が報じた。

英エセックス大学が、片方は異性愛者、もう一方は同性愛者という18組の女性の一卵性双生児を対象に、それぞれの指の長さを計測。その調査結果によると、同性愛者の女性の場合、左手の人差し指と薬指の長さが大きく異なることがわかった。
人差し指と薬指の長さの比率は、母親の子宮内で男性ホルモン(テストステロン)にどの程度さらされたかに影響され、人差し指より薬指が長いのは男性的な特徴という。一般的に、女性は人差し指と薬指の長さがほぼ同じだとされる。
エセックス大学は、同じ条件の男性の一卵性双生児14組を対象に、同様の調査を実施したが、この場合は指の長さに大きな違いは見つからなかった。
同大心理学科のワッツ博士は、「100%同じ遺伝子を共有する一卵性双生児で性的指向が異なるケースがあるということは、遺伝子学的要因以外の『要因』によって、指向の違いが生まれているはず」とコメント。「今回の調査で、我々の性的指向は母親の子宮内で決定されている可能性が高いことが明らかになりました。女性の場合、指の長さは性的指向を知るヒントになるでしょう」と述べている。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)