「酔っ払う大人はダサい」!若者の酒離れが顕著に

■ お酒のある人生。適量の飲酒は人生を豊かにするものでもあるが、過度な飲酒が引き起こすトラブルは枚挙に暇がない。かつて日本では『飲みニケーション』という言葉が生まれるほど、飲酒の場が人間関係構築に大きく寄与していたが、1980年代から2000年初頭に生まれた英国のミレニアル世代は「飲みに出かけること」そのものから遠ざかり、飲酒自体も快く思っていないことがわかった。「デイリー・テレグラフ」紙が報じた。

オンラインチケットサービスを中心にイベントの宣伝を行う「Eventbrite」社の調査で、「飲酒行為はクールだと思う」と回答したミレニアル世代はわずか10人に1人しかいなかったことが判明。また、大多数が飲酒行為を「哀れで恥ずかしいこと」と認識し、10人に4人は飲酒者を否定的に見ているという。さらに、4人に1人は、アルコールにお金を使うならその分、別のことに投資をすると考え、約5人に1人の若者は週末の音楽フェスティバルに飲酒ゼロで臨むという。  専門家は「ミレニアル世代は、何か困ったことがあったときに酒を解決策の一つとして使わず、その問題について話し、向き合うことから打開策を取る」と分析。一方、ジェネレーションXと呼ばれる、1960年代初頭から70年代に生まれた世代は、飲酒やドラッグで問題を紛らわす傾向にあるという。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)

その他の記事