携帯電話を卒業!精神的により「ハッピー」だと力説する意外な英セレブはこの人!

多忙をきわめる著名人ほど、スマホを複数台所有し、常に連絡をとっているようなイメージを抱かれがちだが、携帯電話をこの10ヵ月、使うのをやめた結果、精神的により「ハッピー」になったと感じていると話す英セレブがいる。「デイリー・テレグラフ」紙が伝えた。

意外なその人物とは、英音楽プロデューサーで、『The X Factor』、『ブリテンズ・ゴット・タレント( Britain's Got Talent)』などのオーティション番組の審査員としてもお馴染の、サイモン・コーウェルさん(英国では「カウェル」と発音)。

恋人のローレン・シルヴァマンさんとのあいだに、ひとり息子のエリックくん(4)がいる、コーウェルさんは、「かつては、ミーティング中、ひっきりなしに電話で話すスタッフにイライラしていた。自分も同じことをしていたが」とふりかえる。その頃は、打ち合わせでも集中できていなかったとし、「携帯電話を持たないというのは、めずらしいことだと思うが、精神的によほど『ハッピー』」だと力説。

精神衛生上の効能に加え、まわりの人のことも、もっと見えるようになったというコーウェルさん。もっとも、コーウェルさんぐらいになれば、お付きの人が代わりに携帯電話の受け答えをしてくれそう?

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)