ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

いよいよウィンブルドン。今年はどこで見る?

3日(月曜)から16日(日曜)にかけて開催されるウィンブルドン・テニス選手権。ロンドン南西部のウィンブルドンにある会場をはじめ、各地には巨大スクリーンが設置され、ロンドン中が大いに盛り上がります。そこで今回は、気軽にテニス観戦できるロンドン各地のスクリーン設置場所をご紹介します。仕事帰りや、空いた時間にふらりと立ち寄ってみてはいかが?

The Pimm’s Wimbledon Bar, Selfridges, Oxford Street

セルフリッジズのレストラン・バー「The Roof Deck Restaurant & Bar」では、大会期間中ウィンブルドンをテーマにルーフトップにある店内が彩られ、食事やカクテル、ピムスを楽しみながら、ウィンブルドン観戦が可能。予約不要。

Selfridges
400 Oxford Street, London W1A 1AB


One New Change, St Paul's

ショップやレストランが入居する「One New Change」の屋上に例年設けられる巨大スクリーン。セントポール大聖堂を背景にしてのテニス観戦は、英国らしさ満点! デッキチェアやユニオンジャック柄の巨大クッションも用意されリラックスした雰囲気のなか楽しめる。会場内にあるバーで飲み物を購入するもよし、食べ物や飲み物を持参するもよし。入場無料。

One New Change
1 New Change, London, EC4M 9AF


Strawberries and Screen, Lewis Cubitt Square, King's Cross

近年開発が進んだキングズ・クロスのグラナリー・スクエア奥の「Lewis Cubitt Square」に設けられる巨大スクリーン(噂によると、ロンドンで最も大きいスクリーンなのだそう)。約50席デッキチェアは先着順。ポップアップ・バーではテニスをテーマにした料理が提供される。ピクニックももちろんオッケー。入場無料。

Lewis Cubitt Square
Kings Cross, London N1C 4AB


Strawberries and Screen, the Duke of York Square, Chelsea

大会がクライマックを迎える14〜16日の期間に登場するスクリーン。隣接する王室御用達ショップ「Partridges」によるポップアップ・バーではピムズのほか、ストロベリー&クリームが販売される。VIPエリアがあるほか(無料。事前にウェブサイトからニュースレター登録&予約必須)、子供向けテニス・レッスンもあり。

Duke of York Square, Chelsea
King's Road, London SW3 4LY


これからの2週間。テニス観戦をお楽しみあれ!(編集部C)

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【最新号】ロンドンから車で1時間半! ヘンリー・ムーア彫刻庭園を征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む