写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ロンドンの珍スポット「Gods own Junkyard」へ

今回は編集部Yのお気に入り「珍スポット」を紹介します。 見た目のインパクトから日英のメディアで度々取り上げられるのでご存知の方も多いかも。

ポップでキッチュなアートがお出迎え。入り口からただならぬ雰囲気。

中に入るとそこはもう別世界。ポップなネオン管が床から天井までびっしり!

この作品は、ネオン管アーティスト故・クリストファー・ブレイシー氏の作品群。 キューブリックの映画にも作品提供をしたことがあり、よく見ると映画に関するグッズがあります。 一昨年に他界した父の意思を引き継いで、息子さんがこの店をオープンさせたそうです。

こんなエキセントリックな作品も!

奥には本格的なカフェがあり、作品を眺めながらお茶や軽食を楽しめます。 ガーデンも独特な雰囲気で夜には電飾がつき、また違った雰囲気が味わえます。(編集部Y)

Gods own Junkyard
Unit 12 Ravenswood Industrial Estate Shernhall Street London E17 9HQ