写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

プレミアリーグ開幕!にわかファンのための楽しみ方まとめ

毎年8月から翌5月にかけて開催される、サッカーのイングランド1部「プレミアリーグ」がいよいよ8月13日に開幕します。昨季は、日本代表の岡崎慎司選手が所属するレスター・シティーが奇跡の初優勝を果たして、大いに盛り上がりましたね。岡崎選手の活躍を機に、プレミアリーグに関心を抱いた人も多いのではないでしょうか? 今年はどんな活躍を見せてくれるのか、そんな期待を胸に、にわかファンのための「プレミアリーグの楽しみ方」をまとめました。

photo0812 01

日本人選手をチェック!岡崎、吉田、浅野の3選手がプレー

昨季のレスター優勝を支えたひとりとして上げられるフォワードの岡崎選手。レスターには攻撃系選手(ナイジェリア出身のアフメド・ムサ選手)が新たに入団して、ポジション争いが熾烈さを増すことが予想されます。しかし、岡崎選手の闘志は衰えることはありません! 自身のツイッターで「チームが自分と同じポジションを補強した時、周りは凄くネガティブに捉えている気がする。僕は、凄い選手とやれる事が本当に楽しい」と語っていて、闘志は十分。今季も日本人ファンを沸かせてくれることに期待!


昨シーズン2位となったアーセナルに移籍が決まったフォワードの浅野拓磨選手。労働ビザ取得の壁が残っているものの、いち早くアーセナルのユニフォームを着て、グラウンドを駆ける姿を見たいもの。俊足を武器に、頑張って欲しい!

日本代表でサザンプトンに所属するディフェンダー吉田麻也選手は、今回で5シーズン目。以前、自身のブログで、香川真司選手(独リーグ・ドルトムント)がマンチェスター・ユナイテッドにいた当時を振り返り、「僕が点取ったとき、かなりの確率で香川の真司さんも点取ってニュースを持っていかれる」と綴っていた吉田選手。新シーズンに向けた意気込みも上がっている様子を自身のツイッターでつぶやいています。ちゃんと、応援してますよ!

スタジアムに足を運んでみる?チケットの買い方

チケット入手方法は、オンラインのチケット代理店で購入できるほか、お気に入りのクラブがあれば、会員になっておくと、優先的にチケットを購入可能。各旅行会社がパッケージツアーを用意しているので、それに参加するのも手軽でいいかも。
英国人サポーターらに囲まれてのスタジアム観戦は、やはり特別なもの。思うように進まないゲーム展開に罵声を浴びせていたファンが、次の瞬間に「Oh, lovely!」と選手のプレイを称えたり、ゴールが決まると、まるで自分が決めたかのように歓喜したりするサポーターらの姿に、英国文化の一面を見ることができるはず。

photo0812 02

ビールを飲みながら気軽にパブで観戦

スタジアムに行くのは敷居が高い…という人はパブへ。プレミアリーグの放送は、英国ではスカイスポーツとBTスポーツに限られ、一般のテレビで放送されないのが残念なところ。ただ、試合のある日には多くのパブでテレビ観戦が可能。スタジアムの近くには、ファンが多く集まるパブなどもあり、英国のサッカー文化を肌で感じることができます。
もっともっと手軽にプレミアリーグを楽しみたいという人は、土日の夜、BBCで放送される「Match of the Day」がおすすめ。ハイライト放送に加え、解説者らによる鋭い指摘、コメントを聞くうちに、いつの間にかサッカーに詳しくなっちゃうかも。ちなみに、13日の午後10時30分からBBC1で放送予定の今シーズン初となる「Match of the Day」はひときわ注目を集めています。その理由は、司会者のガリー・リネカー氏が昨シーズン「もしレスターが優勝したら、次のシーズン最初のMatch of the Dayはパンツ一丁で登場する」と宣言したから。実行されるのでしょうか!? 


そのほか、試合観戦のポイントは過去にジャーニーで特集した記事で参照可能です。

まずは、13日 ハル対レスター、13日 サザンプトン対ワトフォードほか。プレミアリーグをお楽しみあれ!(編集部C)