写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ザ・ローリング・ストーンズ 初の大規模エキシビション「Exihibitionism」!

スローン・スクエアにあるサーチ・ギャラリーで開催中の「EXHIBITIONISM: THE ROLLING STONES」に行ってきました!
チケット売り場は壁で囲まれたギャラリーの外のチケット・ブースにあります。
ネットで事前予約(入場時間指定有)して行きましたが、平日の朝とあってか、空いていたのでこの日は当日券でも大丈夫な様子でした。
写真はチケット・ブース前に設置されたオブジェ。


壮麗でいてモダンな雰囲気のサーチ・ギャラリーで、ストーンズのロックなエキシビションが開催されるというだけでワクワクしてしまいます。

メンバーも念願の大規模展覧会とだけあり、「こんなものよくとってあったなぁ」と感心するような古い日記やメモ、契約書から、音源、楽器、衣装、スタジオやメンバーが共同生活をしていたアパートの再現(トレイン・スポッティングに出てきそう…)、アンディー・ウォーホールなどのアーティストによるアート作品、4Dライブ映像が見られるシアタールームなどなど…、500点以上もの品々が集結!
残念ながら内部は撮影不可なので、写真でお見せできませんが、音楽はもちろん、アートワークやステージセットに至るまで、舞台裏で行われるストーンズ自身の作品作りのこだわりを目の当たりにできる内容。


様々なブランドとコラボしたストーンズ・グッズなど、数も種類も豊富なショップもお見逃しなく。
数百ポンドのレザー・バッグなどのファッション・グッズから、数ポンドのキーホルダーやコットンのエコ・バッグ(4ポンド)まで、幅広い品揃え。

日本の友人と自分用にカードケースを購入しました。

今後ニューヨークをはじめとする世界各国を巡回する予定だそうですが、ストーンズ発祥の地、ロンドンで是非見てきてください!

The Rolling Stones Exhibitionism
●2016年9月4日(日)まで

編集部 H