写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

子供博物館で開催中! クランガーズ、バグプス展に大人も子供も夢中!?

英国人なら誰もが知っている60~70年代の子供番組のエキシビション「Clangers, Bagpuss & Co」を見るためにベスナルグリーンにあるV&A子供博物館に行ってきました。

赤レンガが特徴的な大きな建物には時代ごとに様々な玩具、子供服、子供用品が多数展示されています。

国ごとの展示もあり、日本のお雛様や鎧兜も。

『クランガーズ(The Clangers)』、『バグプス(Bagpuss)』は、アニメーターのオリヴァー・ポストゲート(Oliver Postgate)による60~70年代に放映されたストップモーションアニメーション。人形を少しづつ動かして撮る非常に手間のかかるアニメーションで、これがテレビで毎週放映されていたことに驚かされます。


エキシビションでは実際使われた精巧に出来た手作りのキャラクター達や撮影器具、実際の映像などを見ることができます。写真左はバグプス、右はクランガーズのサブキャラです。

ギフト・ショップでは関連グッズが購入可能で、私も本を2冊購入。店員さんいわく「クランガーズはリメイクされCBBCで放映されてて、親子で楽しんでいるわ。でも(実際の人形を見て)親の方が夢中になってるけれど」とのこと。(編集部Y)

V&A Museum of Childhood
開催は10月9日まで。入場無料。

編集部 Y