写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

老舗の紅茶専門店「ウィッタード」の試飲コーナー

1886年創業の紅茶専門店「ウィッタード」(Whittard of Chelsea)の店内には、ガラスのティーポットとミニカップが置いてあり、じっくりと飲み比べて購入できるよう試飲コーナーが設けられています。小さな店舗だと2~3種類ですが、コベント・ガーデン店の地下フロアには、柱をぐるりと囲むように6種類も並んでいました!

これは「Great Taste Awards 2015」を受賞した、ウィッタードのイチオシ商品「Piccadilly」(オリジナル・ブレンドティー)。紙パック入りは£6.50、缶入りは£10.50。ポットの隣に重ねられているミニカップで試飲します。

これは色鮮やかなフレーバーティー「Very Berry Crush」。ベリー各種とハイビスカスの花のエキスが入った、酸味のある紅茶です。ティーポット内の紅茶が少なくなると、スタッフがすぐに補充してくれます。

編集部 K