デヴィッド・ボウイさん追悼 出生地ブリクストン

写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

デヴィッド・ボウイさん追悼 出生地ブリクストン

 

伝説的ロックミュージシャン、デヴィッド・ボウイ氏が1月10日に死去したニュースが公式ツイッターで伝えられるや、英国中に激震が走った。1月8日に69歳の誕生日を迎えたばかりの同氏。がんを発症し、18ヵ月におよぶ闘病生活を送っていたことなどが報じられ、朝からテレビ、ラジオで追悼のメッセージが流れ、ボウイ氏のヒット曲が次々とオンエアされた。
ロンドン南部にある出生地ブリクストンには多くのファンが続々と訪れ、描かれた壁画の下に花束を手向けた=写真上、1月12日。 
また中心部にある通信塔、BTタワーも、特別にメッセージを掲示した。「Rest in Peace David Bowie」(デヴィッド・ボウイよ、安らかに眠れ―)。

 

Posted by ロンドン発 週刊ジャーニー on 2016年1月11日