西アフリカ(展)に行ってきました!

写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

西アフリカ(展)に行ってきました!

Quran_boards_c_Alexandra_Huddlestone.jpg

コーランが書かれたボード。Quran boards © Alexandra Huddlestone

 

2月16日までの日程で、大英図書館で開催中の西アフリカ展「West Africa: Word, Symbol, Song」。エキゾチックな響きに興味がかき立てられ、行ってきました!

アフリカというと、口承によって文化が育まれてきたというイメージが広くもたれていますが、このエキシビションが取り上げるのは、口承(音楽)に加え、文字やシンボル。ナイジェリア、ガーナ、セネガルなど、17の国に3億4000万人が暮らし、なんと1000以上の異なる言語が話され、図形や記号システムなど豊かな文化も有しています。そのなかで、文字やシンボルがコミュニティ、宗教、政治においてどのように作用し、歴史が刻まれてきたのかが紹介されています。

Goldweight_in_the_shape_of_a_twoheaded_crocodile_Ghana_18th__20th_century_British_Museum.jpeg

Goldweight in the shape of a twoheaded crocodile Ghana 18th  20th century British Museum

 

中でも特に興味深かったのがシンボル。

一見奇妙なマスクや、置物などのデザインにも意味があり、例えば、後ろを向いた鳥を象ったオブジェ(ガーナ)は、過去から学ぶことの大切さ、2つの頭を持つクロコダイルの重し(ガーナ)には、協力や相互依存などの意味が込められています。カラフルなテキスタイル・デザインにも、それぞれ意味があるようです。

Fancy_print_cloth_Guinea_fowlCourtesy_of_ABC_Wax.jpg Fancy print cloth Guinea fowlCourtesy of ABC Wax

 

西アフリカの歴史の中で避けては通れない奴隷制度、植民地支配、そして支配からの独立といったコーナーのほか、レゲエの神様、ボブ・マーリーと同様に、政治的メッセージを音楽にのせて訴えたフェラ・クティ(Fela Kuti)の展示も充実していました。

Felabration_poster_designed_by_Lemi_Ghariokwu.jpg

Felabration poster designed by Lemi Ghariokwu

 

西アフリカといえば、近年ではエボラ出血熱やマリでのホテル襲撃事件など、物騒な出来事が世間を騒がせていますが、いつかは西アフリカを旅行しみたい、、、という思いで会場を後にしました。


エキシビション会場の出入口にあるギフト・ショップには、西アフリカのテキスタイル・デザインが施されたオイスター・カード・ホルダーが売られていたほか、小物も充実。西アフリカの土産コーナーのようになっているので、ショップを覗いてみるだけでも楽しめるはず。編集部とら兎

West Africa: Word, Symbol, Song
British Library
入場料 10ポンド/2月16日まで

www.bl.uk