ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

300以上の熱気球! ブリストルの夏の名物、バルーン・フィエスタ

今年で40周年を迎える、港町ブリストルの夏の一大イベント「Bristol International Balloon Fiesta」。毎年8月上旬の木曜~日曜の4日間に開催され、今年は8月9日(木)~12日(日)です。会場は街の中心部から少し離れていますので、今回は会場への行き方とフィエスタの雰囲気について、ご紹介します。

300以上の熱気球が飛び立つのは、朝6時と夕方6時の1日2回。木曜と土曜の夜9時15分からは熱気球のライトアップ「Night Glow」、夜9時45分からは花火も打ち上げられます。会場となるのは、Ashton Court Estate。ブリストル駅から街の中心部を経由して会場まで行くシャトルバスが運行しています。でもどうせなら、建築家のブルネルが設計したブリストルの観光名所「クリフトン吊り橋(Clifton Suspension Bridge)」から徒歩15分ほどで着くので、橋を見た後に会場まで歩いて行くのがおすすめです。クリフトン吊り橋からは、ピクニック・グッズを持った人々がゾロゾロと会場へ向かって歩いているので、道に迷うことはありません。

午後4時頃に会場に到着。すでに多くの人々が場所取りをしていますが、熱気球打ち上げ直前には、芝生が見えなくなるほどに混みあいます。大規模な移動式遊園地のほか、フードストールもたくさん並んでいるので、なるべく早めに行きましょう。

中央の芝地に、熱気球が広げられていきます。

気球が実際に飛ぶかどうかは、当日のその場にならないとわかりません。雨天の場合はもちろん、風が強くてもNG。夕方6時10分、熱気球打ち上げOKを告げる「緑の噴煙」が上がり(NGなら赤い噴煙)、次々と気球がふくらんできました! 観客はみんな総立ちです。そして準備ができた気球から大空へ。最初の一機目が飛び立ったときには、思わずみんなで拍手。


日本のリコーの気球もありましたが、飛び立ちませんでした。気球はクリフトン吊り橋方面へと飛んでいきます。事前に予約すれば気球に搭乗できるそうなので(もちろん有料)、次回はぜひ空の旅を楽しんでみたいです!(編集部 K)

Bristol International Balloon Fiesta 2018
8月9日(木)~12日(日)
Ashton Court Eatate
Long Ashton, Bristol BA41 9JN
※情報は2018年8月2日現在