ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

笑える!セクシー! コメディ・ショー「SOAP」

9月30日までサウスバンクで開催中のエンターテインメントの祭典「アンダーベリー・フェスティバル(Underbelly Festival)」にて、浴室を舞台に繰り広げられるちょぴりセクシーなサーカス&コメディ・ショー「SOAP」に行ってきました。

ロンドン、エディンバラ、香港で開催されてきたこのフェスティバル。サウスバンクでの開催は今年で10年目。サウスバンク・センターとロンドン・アイの間に設置された大きな青いテント「the belly theatre」と、となりのテント「PARADISO」のふたつの劇場のまわりには、バーやフードストールも設置され、チケットを持っていない人でも自由に食事やドリンクが楽しめます。

サーカス、コメディ、キャバレー、ファミリー・エンターテインメントなどの公演が目白押しの今年の演目。アンダーベリーで公演される演目はどこれも長さが1時間程度で、チケットの大半は20ポンド以下とリーズナブル。木曜の夜に足を運ぶと、仕事帰りに立ち寄って気軽にショーやドリンクを楽しんでいるといった感の人々で溢れていました。

2007年にベルリンで初演されて以来、世界各国25の都市で公演し続ける「SOAP」は、世界中で活躍する一流パフォーマーとソプラノ歌手によるサーカス&コメディ・ショー。
水まみれの浴槽アクロバット(!)、軟体ショー、空中アクロバット、ジャグリング、ダンス、オペラ、ショーをリードする女性ピエロによるコメディなど、水に濡れながらの演芸がセクシーに、かつ明るく繰り広げられます。

鍛え上げられた肉体を駆使し、濡れながら浴槽の淵を利用して見事に動き回る様に「よく水で手が滑らないな」と感心しきり。男女の妖艶なダンス、ジャグリングをしながら服を脱いでいくジャグラー、タオル1枚で大事な部分を巧妙に隠しながら踊るダンサー、下ネタ満載のピエロに、笑い声といろいろな意味の歓声が絶えない盛り上がり!

客席にも水しぶきがかかり、最も多くの水しぶきがかかるステージ両脇の客席にはビニールが用意されていましたが、なぜかその日正面席にはビニールなし! たまたま空いていた正面席に座ったのですが見事に濡れました。

大人のジョーク満載の愉快でセクシーなサーカスに魅了されてみては?

●Underbelly Festival
Belvedere Road Coach Park, London, SE1 8XX
●SOAP(6月17日まで)
チケット:26.50ポンド~ ※推奨年齢12歳以上