騒動の全責任を負わされたノーサンバランド公は裁判で死刑判決を受けますが処刑前日、カトリック式のミサに参加し「これこそが正統なやり方だ」と言い、改宗を誓って命乞いをしますが、受け入れられず翌日、タワーヒルで処刑されました。メアリーはノーサンバランド公の首だけで幕引きをしようとしましたが、周囲がそれを許しませんでした。そして11月、ジェーンとギルフォードの裁判が開かれます。

その他の記事